ロンリーファイト!!

今年の学科試験が終わりましたね。

最近は建築士受験にほとんど触れていないので状況はわかりません。
ソースは学科製図とウラ指導のメルマガのみです。

受験されたみなさんお疲れ様でした。
合否はともかく、学科の勉強を頑張りすぎてしまったため、燃え尽きた方も多いとおもいます。
学科を突破される方でも製図の勉強に身が入らず出遅れる方もいるとおもいます。

学科はベクトルが分かりやすいです。
なのでコツがわかればブンブンまわせるようになります。
ちなみにここでいうブンブンまわすというのは参考書を読んだり過去問を解くことです。
参考書を何度も読むことで出題のイメージがわくようになります。
過去問を回すことで出題や答えパターンが見えるようになります。
その気づきのつみあげが合格レベルそのものに反映されるとおもいます。

しかしながら製図のベクトルは非常にわかりにくいです。
原因はルールが特殊なためかとおもいます。普通の人はこんな特殊な試験まず受けたことがないはずです。
そういったことから、その非常にわかりにくいベクトル(的)を敏感なセンサーで狙い撃ちできるスナイパーのような人がこの試験には向いているように感じます。
ターゲットを見て、狙いを定めて、風や動きを読んで、ズドンッ・・・・!!みたいな感じです。
良い図面はまさにズドンッとくるんですよね。理由はわかんないけど。

あくまで製図試験。技術レベルを問う試験なんですよね。
コツがわかってブンブンまわせるようになるかなぁぐらいで試験の時期がきます。
ちなみに体感では、ブンブンまわせるようになるかなぁぐらいで合格している人が多いのではないでしょうか。

学科とは全く別の試験なので燃え尽きた後の気持ちの切り替えが必要なんですよね。

きょうはここまで。
[PR]
by zapop | 2014-07-29 17:08 | はばたく
<< プロフェッショナル感 好きな作業 >>


世界にはばたきたい建築士たちの酒場
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
Since.2005.12.20
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧